文字
サイズ
背景色

痛みの少ない治療

歯を抜かない・削らない、最新の治療法

治療にともなう侵襲を最小限にとどめる事により、治療にともなう痛みを軽減できます。
医療用レーザーを使用した治療法により、従来では「歯を抜かなければならない・大きく削らなければならない」場合でも、歯を保存できる機会が格段に増えました。
これまで歯科治療は『悪くなったところを除去する(歯を抜く・削る)』という原因除去療法を中心に行なわれてきましたが、医療用レーザーの使用や薬剤を患部に直接作用させる事により『できるかぎり歯を残す・削らない』保存的治療法が可能となりました。

無痛治療:最新の麻酔法

浸潤麻酔(麻酔の注射)をする部位に、あらかじめ表面麻酔剤(クリームの麻酔)を塗布します。
また、最適圧にコンピュータ制御された『電動の注射器』で『体温とほぼ同じ温度の麻酔薬』を『極細の注射針』を介して注入する事により、浸潤麻酔時の刺激を最小限に抑えます。

ページの先頭へ戻る